トナーの廃棄方法

トナーの廃棄方法

会社などで使用していたプリンターのトナー、
使わなければ処分していしまいたい所ですがどうやって廃棄すればいいのかわからないという人もいるでしょう。

 

トナーの廃棄方法は多く分けて3つの方法があります。
まずは通常のごみとして廃棄するというもの。

 

多くの自治体ではトナーを無料で処分する事が出来ます。
ただし自治体によってその処分方法は異なり、燃えるゴミとして処分出来たり、
プラスティックの燃えないゴミとして処理したりと違いがあるので、処分する前にあらかじめ自治体に確認しておく必要があります。

 

他には各自治体などに設置されているトナー回収ボックスへ投函するというもの。
自治体とキャノン、ブラザー、デル、エプソン、日本HPの5社が協力して家庭用インクジェットプリンターの使用済みカードリッジを回収し、再利用しています。
トナー回収ボックスに投函されたトナーは、各メーカーがリサイクルを行います。

 

ボックスは多くの場所に設置されていますが、回収対象は上記5社の純正品に限るので注意しておきましょう。
また家電量販店などにも各メーカーのトナー回収スタンドが設置されているので、メーカーが対応しているボックスに投函する事が出来ます。
企業などが良く利用しているのがトナー回収業者に回収を依頼するというものです。

 

こういった業務用のトナーなどはリサイクルトナーとして再利用する事が目的とされており、またリサイクルトナーと交換という形で無料で回収を行ってくれる所もあります。
業者に回収を依頼する場合にはあらかじめウェブサイトなどで確認しておくか、問い合わせをしておきましょう。

 

トナーのリサイクルは盛んに行われており、ボックスは色々な所に設置されているので、機会がある時に立ち寄ったついでに投函してしまうと良いでしょう。
廃棄の方法は色々とありますが、リサイクルして再利用される事によって環境保存にも貢献する事になるので、出来るだけリサイクルという形に繋がる処分を心掛けるようにしたい所です。